一戸建ての維持費はどれくらいかかる?具体的な内訳と費用の抑え方をご紹介|古河市 新築

query_builder 2021/10/09
戸建て購入の知識
古河市 新築 維持費

この記事をご覧の皆様の中には一戸建ての購入を考えているけれど、維持費がどの程度必要なのか具体的に把握していない方が多いかもしれません。
一戸建てを所有するとなると毎年一定の維持費がかかるので、把握しているだけで無駄な出費を減らせることにつながります。
そこで今回は一戸建ての維持費について紹介します。
□一戸建ての維持費をご紹介!
結論から言いますと、一戸建ての維持費は年間で40万円ほどかかります。
以下がその内訳です。
・税金
・修繕費用
・保険料
それぞれ詳しく解説します。
1つ目は税金です。
税金は主に毎年かかる固定資産税とエリアによってかかる都市計画税があります。
固定資産税とは所有している建物に課せられる税金で固定資産税評価額という各自治体が定めた建物を評価した金額に1.4%をかけた税額のことです。
特例を利用することで負担を減らせるので、各市町村から送られてくる課税明細書を確認してみてください。
都市計画税は都市計画事業などの費用に充てる税金で都市計画法における市街化区域内に所在する土地や建物が対象です。
計算方法は固定資産税評価額に0.3%をかけます。
ちなみに区域内に属さないのであれば支払う必要がないので、事前に自治体に確認するようにしてください。
2つ目は修繕費です。
新築の一戸建てなら大体10年を過ぎたあたりから修繕を考える必要が出てきます。
外壁塗装や水回りのリフォーム、フローリングの張替えなどが主な内訳ですが、大きな出費になりそうな場合はリフォームローンなども検討すると良いでしょう。
3つ目は保険費用です。
万が一災害に遭ったときに備えて地震保険や火災保険には加入しておきましょう。
保険料は種類にもよりますが、だいたい5年で15万から20万円ほどと見ておくと良いでしょう。
□維持費を節約する方法をご紹介!
維持費を節約する方法は主に2つあります。
1つ目はアフターサービスが充実している会社に建築を依頼することです。
家を長年保持しているいろいろな所が傷んできますが、その都度相談に乗ってくれて適切な対応をしてくれる会社を選ぶと安心ですね。
2つ目は耐久性の高い家を建てることです
耐久性が低いとどうしても何度も修繕する必要が出てくるので、その分維持費がかかってしまいます。
ポイントは使用する素材にこだわることなので、家を建てる際に意識してみてくださいね。
□まとめ
この記事では、一戸建ての維持費について解説しました。
一戸建ての維持費は年間で平均40万円ほど必要と言われています。
家の維持費を抑えるにはアフターサービスの充実した会社に依頼したり耐久性の高い家を建てたりすると良いでしょう。
この記事を一戸建ての維持費の参考にしていただけると幸いです。
古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 古河市立小堤小学校の評判と付近のエリアをご紹介します!

    query_builder 2021/10/21
  • 住宅ローンの金利が決まる仕組みをご説明します|古河市 新築

    query_builder 2021/10/19
  • 団体信用生命保険とは?概要とメリットについてご紹介|古河市 新築

    query_builder 2021/10/17
  • 収納はどれくらい必要?不動産のプロがご説明します|古河市 新築

    query_builder 2021/10/15
  • 古河市立三和東中学校の評判と付近のエリアをご紹介します!

    query_builder 2021/10/13

CATEGORY

ARCHIVE