古河市の歴史的なお寺のご紹介♪

query_builder 2021/10/05
古河市生活情報
古河市 お寺

この記事をご覧の皆さんは
「古河市の住宅の購入を考えているが歴史的なお寺について知りたい」「古河市の寺の歴史について知りたい」
このようにお考えかもしれません。
古河市は歴史あるスポットが数多く存在し、今回紹介するお寺もそのうちの1つです。
今回は神宮寺や正定寺、長谷観音、永井寺の歴史について解説します。
□神宮寺、正定寺の歴史についてご紹介!
まずは神宮寺についてご紹介しましょう。
神宮寺は1449年に創建された寺で、宇都宮線古河駅から徒歩6分ほどのところに位置しています。
足利成氏が帰依していた良宥という僧によって鎌倉で開かれ、そのあとに古河に移転したといわれています。
そこにある木造十一面観音坐像は室町時代の作品と言われており、茨木県指定の文化財として知られています。
次に正定寺の歴史についてご紹介しましょう。
江戸時代初期の大老土井利勝によって開かれた寺で、土井家の歴代の墓所としても知られています。
また利勝は徳川家康の落胤(らくいん)とも言われていますが、その由緒が刻まれた石碑が本堂前に建っています。
境内には将軍家光の側室である家綱の生母の供養塔と彼女が子育てを祈願した岩船地蔵尊も並んで立っているので、訪れた際にはぜひご覧になってください。
□長谷観音、永井寺の歴史についてご紹介!
長谷観音は宇都宮線の古河駅から徒歩15分の所に位置しており、1493年に足利成氏が古河城の鬼門除けとして木造十一面観世音菩薩立像の堂舎を建てたことが起源です。
1830年に書かれた古河志には鎌倉にある長谷観音とならんで三長谷と呼ばれていると紹介されています。
一度は廃寺となり本堂も破壊されたものの、大正3年に寄付によって元に再興された寺です。
永井寺は1626年に創建され、宇都宮線の古河駅から徒歩17分の所に位置する寺です。
古河城の主である永井直勝の子に当たる尚政が父の法要のために建て、永井家の菩提寺となりました。
文化財としては永井家墓所や、小高益卿の墓、絹本着色永井直勝肖像画など豊富なので、ぜひ一度訪れてご覧になってはいかがでしょうか。
□まとめ
この記事では、古河市にある神宮寺や正定寺、長谷観音、永井寺の歴史を解説しましたが、歴史についての理解は深まりましたか。
どのお寺も古河駅から徒歩で行ける距離なので、古河市で住宅を購入した場合はいつでも気軽に行けるでしょう。
これを機に古河市での住宅の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

NEW

  • 古河市立小堤小学校の評判と付近のエリアをご紹介します!

    query_builder 2021/10/21
  • 住宅ローンの金利が決まる仕組みをご説明します|古河市 新築

    query_builder 2021/10/19
  • 団体信用生命保険とは?概要とメリットについてご紹介|古河市 新築

    query_builder 2021/10/17
  • 収納はどれくらい必要?不動産のプロがご説明します|古河市 新築

    query_builder 2021/10/15
  • 古河市立三和東中学校の評判と付近のエリアをご紹介します!

    query_builder 2021/10/13

CATEGORY

ARCHIVE