住宅ローンを選ぶポイントをご紹介します!

query_builder 2022/02/10
住宅ローン
古河市 住宅ローン

古河市で不動産のアドバイザーをさせて頂いております栄進です。
皆さんは、住宅ローンを選ぶ際にどんなポイントを意識すれば良いかご存知ですか。
住宅ローンを利用するのが初めてで何もわからない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、住宅ローンを選ぶ際のポイントと注意点をご紹介します。
住宅ローンでお悩みの方は、ぜひお役立てください。

□住宅ローンを選ぶポイントとは

1つ目は、金利タイプです。
住宅ローンの金利には、全期間固定金利型、変動金利型、固定金利期間選択型の3つのタイプがあります。
全期間固定金利型は金利額が返済開始から終了まで一定であるのに対し、変動金利型は市場金利に応じて金利が変動します。
また固定金利期間選択型は、「最初の数年間は何パーセント」と一定期間の金利が固定され、その期間が終了した後に金利のタイプを選択するものです。

2つ目は、借入先や住宅ローンの種類です。
住宅ローンの種類には、公的ローン、民間ローン、フラット35の3つがあります。
公的ローンは公的機関が融資するのに対して、民間ローンは民間の金融機関が融資します。
フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して運営しており、最長35年間利用できる長期固定金利であるのが特徴です。

3つ目は、返済方法です。
住宅ローンの返済方法は、元利均等返済と元金均等返済に分かれます。
元利均等返済は、毎月の返済金額が一定なので、返済計画を立てやすいのが特徴です。
元金均等返済は、毎月の返済額のうち、元金の額が一定で、返済が進むにつれて利息の額も減っていきます。
4つ目は、諸費用です。
住宅ローンを借りる際には、住宅ローンの事務手数料、保証会社への保証料、登記関連費用、印紙税、火災保険料や地震保険料などの諸費用がかかります。
ローンの種類や金融機関によって異なりますが、物件価格の5パーセントから10パーセントを目安に考えると良いでしょう。
5つ目は、団体信用生命保険です。
ほとんどの金融機関では、住宅ローンの契約時に団体信用生命保険に加入することを条件としています。
契約する際は、免責事項や保障内容などをしっかり確認しておきましょう。

□住宅ローンを組む際の注意点をご紹介!
まずは、金融機関の提案が正しいと思い込まないことです。
専門家が相談に乗ってくれるとはいえ、必ずしも利用者目線で話してくれるとは限りません。
ご自身でもある程度の知識を身につけ、正しい判断ができるようにしておきましょう。

また、将来を見越して金利の種類を選択することも大切です。
現在は低金利状態が続いていますが、今後どのように変動するかは専門家でも正しく予測できません。
将来のことを踏まえたうえで、ご自身に合った住宅ローンを選びましょう。

□まとめ

今回は、住宅ローンを選ぶ際の5つのポイントと2つの注意点を紹介しました。
住宅ローンを選ぶ際は、現在だけでなく将来について考えることが大切です。
この記事を参考にして、スムーズに住宅ローンを利用しましょう。
新築をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 住宅ローンを借り換えるために必要な書類

    query_builder 2022/07/03
  • 借り入れる際の条件に注意

    query_builder 2022/06/30
  • 住宅ローン、どんな書類が必要なの?

    query_builder 2022/06/26
  • 住宅ローンを利用するまでの流れ

    query_builder 2022/06/23
  • 「提携ローン」や「財形住宅融資」

    query_builder 2022/06/19

CATEGORY

ARCHIVE