住宅ローン審査が厳しくなる???

query_builder 2022/06/12
住宅ローン
古河市 住宅ローン

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
貯金している金額の問題で、頭金を用意する余裕はないが住宅を購入したいと思う方もいるかと思います。
しかし、住宅を購入するためには頭金を用意して住宅ローンを利用するという流れが一般的となっているので、頭金の問題はかなり重要です。
結論を言ってしまうと、頭金を用意できないから住宅の購入を諦める必要はありませんが、頭金を支払わずに購入する場合はかなり注意が必要になってきます。
本日は、頭金の問題についてお話していこかと思います。

◎住宅ローン審査が厳しくなる
以前は、住宅ローンを利用するときに必要な頭金の金額は、購入する物件価格の2割程でかなり負担になっていました。
しかし、その問題を解決するべく頭金なしでも購入できるような住宅ローン、つまりフルローンという制度が提供されるようになりました。
購入する際に、現金で支払う頭金ですが、かつては購入価格の8割程度しか融資をしてもらえない時もあったため、各金融機関の間でサービス競争が生まれていきました。
住宅を購入するために必要になってくる融資手数料や印紙税、登記費用等も自己負担ではありましたが、現在ではそれらの諸費用に加えてリフォーム費用や引っ越し費用も含めて融資をしてくれる金融機関まで出てきています。
フルローンがあるのならば、頭金を用意しなくても購入できると安心しては、後々のトラブルに繋がってしまうことも事実です。

それでは、なぜ頭金なしの住宅購入はお勧めできないのでしょうか。
金融機関によってフルローンを組めるか否かは変わってきますが、頭金を支払わずにローンを利用する場合の住宅ローン審査が頭金ありの時と比べてかなり厳しく審査されます。
というのも、ローンがすべて完済し終わるまでその土地と建物には抵当権が付くので、ローンの返済ができなくなってしまった場合はその土地と建物を売却して金融機関が未完済分のローンを回収します。
売却する場合、当初物件を購入した時の価格を下回る売却価格となるので、ローン分を完済できるとは限りません。
そのため、最後までしっかりとローンを返済する能力があるかどうかを厳しく審査するのです。

◎利息が付き、返済額が大きくなる
頭金なしで住宅ローンを利用するということは、返済をしていく期間が伸びるといっても過言ではありません。
住宅ローンを利用する場合は、返済をしていく間に「利息」が付いてくるので、単純に考えると返済期間が長くなればなるほど利息も高くつくので、結果的に総返済額がかなり高くつきます。
貯金が無くて頭金を用意することが難しいという方の場合、結果的に利息分も支払う必要があるのでかなり負担になるかと思います。

◎まとめ
本日は、頭金を用意しなくても住宅を購入することができるのかについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
頭金なしでも住宅を購入することは可能ですが、この場合はメリットよりもデメリットの方が大きいと考えます。
頭金を用意することができないということは、今後もお金を計画的に貯めるあるいは貯金をする余裕がないという方が多いと思います。
住宅ローンを利用するのであれば、最後までローンを完済する義務があります。
この時、頭金を支払わなかった場合、毎月のローン返済の負担が大きくなる、あるいは返済期間が延びて利息も上がり総返済額も大きくなります。
つまり、自分で自分の首を絞めるようなことになってしまうので気を付けてください。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW

  • 住宅ローンを借り換えるために必要な書類

    query_builder 2022/07/03
  • 借り入れる際の条件に注意

    query_builder 2022/06/30
  • 住宅ローン、どんな書類が必要なの?

    query_builder 2022/06/26
  • 住宅ローンを利用するまでの流れ

    query_builder 2022/06/23
  • 「提携ローン」や「財形住宅融資」

    query_builder 2022/06/19

CATEGORY

ARCHIVE