各金融機関を比較して得られた結果やポイントについて

query_builder 2022/06/16
住宅ローン
古河市 住宅ローン

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
色々な金融機関がある中で、その機関が提供するサービスや融資内容が異なるので自分に合ったサービスを提供してくれる金融機関を探すことが大切です。
また、注目するポイントはサービス内容だけではなく「金利」がどのくらいなのかまたどのようなタイプなのかも確認る必要があります。
住宅を購入する方にとって、住宅ローン選びもかなり大切なので、各金融機関を比較して得られた結果やポイントについてお話していこうかと思います。

◎どの住宅ローンがいいの?
住宅ローンのサービスを提供している金融機関は、大手や地方の銀行から信用金庫やネット銀行といった機関があります。
その他にも、「フラット35」や公的融資など様々で、どこから住宅ローンを利用すればいいのかかなり迷ってしまいます。
毎月のお給料を振込んでいる銀行を利用するのが一番楽だと思って、その銀行が提供する住宅ローンを利用する方も少なくありませんが、住宅選びと同じようにローン選びも大切なのです。

それでは、どのような住宅ローンがあるのか比較しながら見ていきましょう。
①大手や地方銀行の場合
大手の銀行等は、多くの人が利用している銀行なのでとても信頼感があり、住宅ローンも利用しようと検討する方も多いかと思います。
給料の振込等で利用している口座であり、近くに支店があるのであればとても利用しやすいと思いますが、全く利用したことがない金融機関の住宅ローンを利用することも可能です。
独自の住宅ローンを提供しているので、どのような金利を取り扱っているのか、住宅ローンを利用することができる人の条件によては、低金利で利用することができる場合もあります。
サービスが多彩ですので、個人に合った住宅ローンを窓口やホームページで探して利用することをお勧めします。

②ネット銀行の場合
全てインターネト上で完結してしまうネット銀行は、支店等を作るコストがかからないため、一般的な銀行と比べて金利が低くなる傾向にあります。
また、住宅ローンの事前申し込みをする際も昼夜問わず申込みが可能なので、忙しい方でもとても楽な金融機関です。
ネット銀行は、基本的自分で考えてから利用することが多いので、いくら借り入れたいのかや返済期間をどのくらいにするのかを自分で考えて計画を立てられる方であれば心配ないかと思います。
注意することでは、繰り上げ返済あるいは他の住宅ローンへ借り換えをしたいと考えている方は、どのタイミングでそれらを行うのかも自分で判断しなければなりません。

③フラット35の場合
住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携をしているところが特徴的な「フラット35」の住宅ローンは、利用してから完済し終わるまでずっと同じ金利である全期間固定金利であったり、保証料が無料という魅力があります。
金利は、どの金融機関の窓口を利用するのかによって変わってきてしますが、民間の住宅ローンの変動型の金利と比べると割高ではありますが、金利が変わることがないので安心感、安定感があります。

◎まとめ
本日は、住宅ローンの種類や特徴についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
住宅ローンのサービスを提供している金融機関はたくさんあるので、自分がどのくらい借り入れたいのか、どのように返済していきたいのか、金利が気になるなど様々な要素や観点から調べていきましょう。
なんとなくで、住宅ローンを選択するのではなく、自分が納得のいく内容で契約をすることで返済していく期間も変な不信感を持たずに済むかと思います。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW

  • 住宅ローンの借り入れ可能金額や住宅ローン審査

    query_builder 2022/07/07
  • 住宅ローンを借り換えるために必要な書類

    query_builder 2022/07/03
  • 借り入れる際の条件に注意

    query_builder 2022/06/30
  • 住宅ローン、どんな書類が必要なの?

    query_builder 2022/06/26
  • 住宅ローンを利用するまでの流れ

    query_builder 2022/06/23

CATEGORY

ARCHIVE