団体信用生命保険とは一体…?

query_builder 2022/07/21
住宅ローン
古河市 住宅ローン

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
住宅ローンには、いくつか種類があり自分に合ったプランを提供している金融機関を選ぶのが一番ですが、調べていけばいくほど選択肢が増えて決めるのも困難になってくるかもしれません。
実際に調べたり不動産会社あるいは金融機関へ相談をしに行くと、「団信」というキーワードを耳にする方もいらっしゃるかと思いますが、「団信」とは何を表すものかご存じでしょうか?
団信とは、「団体信用生命保険」を略した言葉です。
本日は、「団体信用生命保険」とは一体どのような制度なのかや、加入する際の注意点等についてお話していこうと思います。

◎団体信用生命保険とは一体…?
不動産を購入するために住宅ローンを利用する方が多いかと思います。
借り入れたお金は、毎月分割しながら支払っていくのですが、万が一債務者が完済する前に死亡ありは高度な障害を持ってしまい返済が不可能と判断された場合に、保険金を利用して住宅ローンの残高すべてを完済するという保険です。
保険金で完済されるので、それ以降は住宅ローンを返済していく必要はありません。
民間の金融機関から住宅ローンを利用する場合は、この「団体信用生命保険」に加入することが条件として提示されていることがほとんどです。
しかし、例外としてフラット35では団信への加入は任意となっているようです。

◎生命保険とは何が違うの?
生命保険にも死亡保険というものがありますが、私たちが知っている生命保険と団信の違いについてみていきましょう。
①保険料
普通の生命保険では、保証内容によって保険を契約した人が保険料を負担するのですが、団体信用生命保険の場合は、保険料がすでに住宅ローンの金利の中にすでに含んでいるので、住宅ローンの他に保険料を支払う必要がないことが一般的です。
フラット35の場合で見てみると、団信による保険料を「特約料」と呼んでおり、特約料が含まれた金利で返済を行っていきます。

②年齢や性別によって…
団体信用生命保険は、男性でも女性でも保険料に変わりはなく、フラット35では金利は一律と示しています。
保険料を金利に含む住宅ローンを利用していたとしても、年齢や性別によって保険料が大きく異なることはなく、住宅ローンでいくら借り入れているのかや保証内容によって保険料が変動します。
しかし、一般の生命保険では契約者の年齢や性別で保険料が異なっています。

③受取人は?
団信では、保険金を受け取るのは契約者が住宅ローンで利用している金融機関です。
これは、保険料を住宅ローンの残高分を完済するために使うため、金融機関が保険金を受け取り全額完済という仕組みになるということです。
つまり、一般的な場合は配偶者あるいはその子供が法定相続人となるので血縁者等が受取人となるのですが、団信の場合は金融機関が受取人になるのです。

④どのくらい保障してくれるの?
保障期間というと、契約者が自ら保証期間を選択していくのですが、団信の場合は住宅ローンの融資が始まると同時に保障が適応されて、ローンをすべて完済すると保障も終了となります。

◎まとめ
本日は、住宅ローン利用における団体信用生命保険の内容や一般の生命保険との違いについてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
団信契約者が万が一、ローンを支払うことができなくなってしまった際に、保険料を住宅ローンを完済へ充てます。
保険料は、すでに金利へ含まれているので追加で料金が発生することもありません。
また、利用する団信にも条件が異なることもありますので、しっかりと確認をお願いいたします。

不動産のことでお悩みの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW

  • 改変された住宅ローン控除について

    query_builder 2022/08/11
  • ネット銀行の住宅ローンについて

    query_builder 2022/08/07
  • ネット銀行の仕組みって?

    query_builder 2022/08/04
  • 「基準金利」と「適用金利」とは?

    query_builder 2022/07/31
  • 団信を利用することで受けられる恩恵について

    query_builder 2022/07/28

CATEGORY

ARCHIVE