ペアローンを利用する上で気をつけることについて

query_builder 2022/10/30
住宅ローン
ペアローン 古河市

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
夫婦で住宅を購入する際に、ペアローンを利用しようと考えていらっしゃる方は、通常の住宅ローンと仕組みが少し異なるので、しっかりと特徴や注意点を知っておくと安心です。
ペアローンは、夫と妻の2人がそれぞれ住宅ローンを契約することはご存じの方もいらっしゃるかと思います。
それぞれ契約するので、借り入れる金額も合算すると通常の住宅ローンを利用するよりも多く借り入れることができますが、名義や返済方法などは少し難しいと思うかもしれません。
本日は、ペアローンを利用する上で気をつけることについてお話ししていきます。

◎共有名義の持分は?
住宅を購入すると、購入した人がその住宅の持ち主しとなり名義もその人となる。
住宅は、とても大きな財産なので持っていて全く損では無い上に、将来のためにも財産を持っておくことはとても大切である。
通常の住宅ローンの場合、1人が契約するのでその人の財産となるがペアローンを利用する場合は、2人で一つの住宅を購入する形となる。
そのため、夫も妻もどちらにも所有する権利はあるが、頭金や住宅ローンの返済方法によっては少々難しくなります。
例えば、住宅ローンを夫名義で借り入れて頭金も夫が支払う場合、住宅の所有権は夫に100%渡ります。
しかし、所有権の半分は妻に欲しいとなった場合、共有名義とすれば夫にも妻にも所有権が渡る。
共有名義にするのであれば、妻もそれ相応の金額を支払うことが必要になります。
もし、妻が一銭も支払わずに所有権を得るとなると、夫が妻へ所有権を贈与したと認識されるので贈与税を支払う必要が出てきます。

贈与税を支払わないようにするためには、やはり妻もお金を支払うことになります。
例えば、2,000万円の住宅を夫が頭金500万円用意し、住宅ローンは夫が1,000万円、妻が500万円支払った場合、夫は3/4の所有権を持ち、妻は1/4の所有権を持ちます。
夫と妻どちらも所有権があるため、万が一離婚をしてしまったとしても相手の同意なしでは勝手に住宅を売却することはできません。

◎継続して返済できるか
住宅ローンを利用できるかどうかが心配になる方が多いかと思いますが、それよりもちゃんと最後まで「返済できるか」がとても重要です。
共働きかつペアローンを利用する場合、多くのお金を借りることになるのが多いため、30年後も共働きである必要がどうしても出てくる。
なぜなら、2人とも働いている状態で借りため返済計画も共働き前提で立てるためです。
しかし、キャリアアップあるいはライプフランがとても重要になるので、将来家族が増えたら仕事はどうするのか、今働いている会社をやめて起業をするのかなどさまざまな状況を考えられます。
今の状況で、最大で借りられる額を契約してしまうことはとても危険なことです。
必ず、収入がなくなったらどうするか、貯蓄がなくなったらどうするのかを考えて、余裕のある返済計画を立てましょう。

◎まとめ
本日は、ペアローンを利用する上で、共有名義の注意点と返済計画の重要性についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
特に、名義となると所有権等の話につながるのでとても大切になります。
夫婦だからといって、財産となる住宅をあやふやで契約するのではなく、しっかりと話し合ってお互いにどのくらいの持分にするのかを話し合うと良いかと思います。

不動産のことでお困りの際は、当社までいつでもお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

NEW

  • 両親からお金を借りて新築物件を購入

    query_builder 2023/02/02
  • 建物表題登記とは?

    query_builder 2023/01/29
  • 価格値下げが出来る物件と出来ない物件?新築一戸建て

    query_builder 2023/01/26
  • 不動産屋が住宅ローン審査を早めにやりたい理由

    query_builder 2023/01/22
  • 今回は不動産会社の営業マンについてのお話し

    query_builder 2023/01/19

CATEGORY

ARCHIVE