建売住宅を検討中の方必見!建売住宅の耐久性について解説します!

query_builder 2021/03/22
戸建て購入の知識
戸建2

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
建売住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅購入において、耐震性は気になるポイントですよね。
そこで今回は、建売住宅の耐震性について紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。
□建売住宅と注文住宅の寿命の違いとは?
建売住宅と注文住宅では寿命の違いはあるのでしょうか。
結論から言うと、品質管理の点で変化はなく、寿命の違いはありません。
そもそも、建売住宅も注文住宅も法律によって品質は保たれており、耐震性などの点でも問題はないでしょう。
しかし、外観ではわからない構造面の心配がありますよね。
このような目に見えない実害を避けるために、住宅品確法という法律が定められています。
住宅品確法では、10年間の住宅の保証がされているため、安心して購入できますね。
□建売住宅の寿命を決めるポイントについて知っておこう!
ここまでは、建売住宅と注文住宅の寿命の違いについて紹介しました。
建売住宅などは、法律で品質が保たれていることを理解していただけたと思います。
ここからは、建売住宅の寿命を左右するポイントについて紹介していきます。
1つ目は入居後のメンテナンスを行うことです。
家は時間がたつと劣化するため、定期的なメンテナンスを行っていきましょう。
例えば、外壁や屋根の塗装の塗り替え時期がポイントです。
常に紫外線や雨、風から家を守っている屋根は、約10年ごとのメンテナンスを行うことで水もれなどを防げます。
2つ目は建築材料の品質に気を付けうことです。
建築をする際に、材料の品質がしっかりしていると建物自体の耐久性が高くなります。
しかし、建売住宅の場合はすでに建てて売られているため、材料選びの過程を確かめられません。
そのため、住宅見学の際には売主に確認を行いましょう。
3つ目は地盤が頑丈な場所を選ぶことです。
住宅は土地の上に建てられており、いくら建物自体が頑丈でも地盤が不安定だと住宅の耐久性は非常に低くなってしまいます。
また、購入後に地盤の問題が出てきてしまうと、さらにコストがかさんでしまいます。
建売住宅の場合は地盤調査報告書がありますので、事前に確認をしておくことをおすすめします。
□まとめ
今回は建売住宅の耐震性について紹介しました。
住宅に長く暮らしていくためには、定期的にメンテナンスを行いましょう。
古河市で建売購入でお悩みの方は、ぜひお気軽に当社にご相談ください。

NEW

  • 古河市で新築建売購入の際 3人家族、4人家族におすすめの間取りをご紹介!

    query_builder 2021/09/15
  • 古河市で新築購入の際の角地って?

    query_builder 2021/09/13
  • 古河市で新築購入でベランダとバルコニーの違い?

    query_builder 2021/09/11
  • 古河市で新築購入の際の徒歩何分って?

    query_builder 2021/09/07
  • 古河市で新築購入時に家具付きって何?

    query_builder 2021/09/05

CATEGORY

ARCHIVE