建売住宅を検討中の方へ!火災保険について解説します!

query_builder 2021/04/27
戸建て購入の知識
古河市 建売 イメージ図

こんにちは!
古河市で不動産売買のサポートをしている栄進です。
建売住宅をお考えで、火災保険についてあまり知らないという方もいらっしゃると思います。
今回は火災保険とは何かや、加入する際のポイントについて紹介します。
□火災保険とは何か
ここでは、火災保険についての基礎知識を3つ紹介します。
1つ目は、火災保険の対応範囲についてです。
火災保険は名前通り、火災での損害を補うためのものという印象を持つ方が多いです。
しかし、実際は火災のみならず、さまざまな災害にも対応しています。
例えば、落雷や爆発、水災などがあります。
これらの中から必要なものを選ぶという形で加入できます。
また、建物以外にも家財も補償できるのも魅力的な点でしょう。
建物か家財のみ、もしくは両方の3つのパターンから選択できる場合が多いです。
2つ目は、失火責任法についてです。
火災保険に入る前に知っておきたいのが、失火責任法です。
これは失火が原因で他の家に延焼被害が出ても、重大な過失が無い限り損害賠償責任を逃れるというものです。
3つ目は、地震への備えについてです。
補償範囲が広い火災保険ですが、唯一地震が原因の損害は対象外です。
これは地震による被害は大規模と予測されるため、保険会社の手に負えないとされるためです。
地震対策をしたい方は、官民共同で運営する地震保険に入ることをおすすめします。
大半の火災保険では、地震保険をオプションとして追加できるため検討してみましょう。
□火災保険に加入する際のポイント
火災保険に加入する際のポイントは2つです。
1つ目は、補償内容を自身で選ぶことです。
パッケージ化された火災保険は、色んなリスクに対しての補償があり安心でしょう。
しかし、建物構造や所在地によって、必要な補償は異なります。
そのため、必要なさそうな補償は外すと、保険料が安くなります。
例えばマンションの上の階に住む方は、洪水の被害を受ける可能性が低いため、水災を外しても良いかもしれません。
設備が充実しておりマンションのセキュリティが厳しい場合は、盗難の補償が外せます。
ただし、一戸建て住宅の場合は、侵入されやすいため必要な補償です。
2つ目は、地震保険へ加入することです。
地震の保険の保険料は、建物の耐震性や築年数などで変わり、保険料控除の対象となります。
内閣府によれば、大きな地震が今後起こる確率がとても高いことが予測されています。
そのため、地震保険に入ることをおすすめします。
□まとめ
火災保険とは何かや、加入の際のポイントについて解説しました。
この記事を読んで、少しでも火災保険についての知識が深まれば幸いです。
ぜひ火災保険を利用して、今後のリスクを対策しましょう。
古河市で新築建売住宅購入をお考えの方、是非当社にご相談下さい。

NEW

  • 古河市で新築建売購入の際 3人家族、4人家族におすすめの間取りをご紹介!

    query_builder 2021/09/15
  • 古河市で新築購入の際の角地って?

    query_builder 2021/09/13
  • 古河市で新築購入でベランダとバルコニーの違い?

    query_builder 2021/09/11
  • 古河市で新築購入の際の徒歩何分って?

    query_builder 2021/09/07
  • 古河市で新築購入時に家具付きって何?

    query_builder 2021/09/05

CATEGORY

ARCHIVE