収納はどれくらい必要?不動産のプロがご説明します|古河市 新築

query_builder 2021/10/15
戸建て購入の知識
古河市 新築 収納

建売住宅の購入を検討する際に入念に検討したい部分の1つに、収納スペースの大きさがあります。
しかし、実際どの程度のスペースを確保すれば良いのか分からないですよね。
そこで今回は、人気の高い収納に焦点を当ててどのくらいのスペースを確保したほうが良いか、また収納スペースを考える上でのポイントをご紹介します。
□確保したい収納スペースをご紹介!
多くの戸建て住宅に設置されている人気の高い収納スペースに焦点を当てて、収納スペースをどのくらい確保すればよいかご提案します。
まず、玄関収納についてご紹介します。
玄関収納には、靴はもちろんベビーカーやアウトドア用品を収納するご家庭も多くいらっしゃいます。
そのため、靴をたくさん所持している場合や室内に持ち込みたくないアウトドア用品などがある場合は、土間を拡張した玄関収納がおすすめです。
あくまで目安ですが、靴や傘に加え、ベビーカーやアウトドア用品を収納することが考えられる場合は、1~2帖程度のスペースを確保した方が良いでしょう。
さらに自転車や大きめの物も収納する場合は、3帖以上確保すると安心でしょう。
パントリーは、調理器具や家電が多いご家庭や、キッチンスペースをすっきりさせたいご家庭におすすめしたい収納スペースです。
調理器具や長期保存可能な食材を収納したり、ゴミ箱を設置したりする場合は、1~2帖程度で十分でしょう。
冷蔵庫や食器棚もパントリー内に置きたい場合は、最低でも2帖以上は必要になってきます。
洗面所では、歯ブラシやスキンケア用品、ハンドソープなど細々した物がたくさんあります。
このような物については、鏡裏収納が非常におすすめです。
また、洗剤や日用品のストック、タオルなどを収納できるように奥行き50センチ程度の収納スペースもあると便利です。
家族の下着やパジャマも洗面所で収納する場合は、もう少し余裕をもってスペースを確保すると良いでしょう。
□収納スペースを考える時のポイントとは?
引っ越し後の生活で必要になる収納スペースを考える時のポイントを2つご紹介します。
1つ目は、戸建て住宅における必要な収納スペースは、収納率13~15%が理想であるということです。
収納率とは、建物の床面積に占める収納の割合のことです。
2つ目は、プランニング時に必要になりそうな収納スペースを把握しておくことです。
引っ越しの際に持っていく物がどれくらいになりそうか把握する必要があります。
また、それに加えて将来購入することが考えられる物についても予測する必要があります。
例えば、引っ越し後に出産の予定を控えている場合は、育児グッズを収納するためのスペースが必要になります。
特にお子様のいる家庭では、お子様の成長とともに必要になる物が頻繁に変わるので、収納スペースを広めに確保することをおすすめします。
□まとめ
本記事では、収納に必要なスペースの目安と収納スペースを考える上でのポイントをご紹介しました。
当社は、お客様のご希望に沿った住宅を提案しますので、ぜひお問い合わせください。
古河市でも原町、三杉町、諸川、鴻巣、駒羽根、上辺見、北町、静町、関戸、松並、緑町、旭町 の人気エリアでの新築戸建ご紹介させていただいております。 お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • "不動産所得税"って?

    query_builder 2021/11/25
  • 「金銭消費貸借抵当権設定契約」とは?

    query_builder 2021/11/23
  • オンラインで授業や仕事を行うことは?

    query_builder 2021/11/20
  • 茨城県内には本当に魅力がないのでしょうか?

    query_builder 2021/11/18
  • 新築一戸建ての選び方のポイント

    query_builder 2021/11/16

CATEGORY

ARCHIVE